ドキュメントのネガポジ判定検証

指定したドキュメントが、全体的にプラスイメージ(ポジティブ)な内容なのか、マイナスイメージ(ネガティブ)な内容なのかの判定を行います。
クレームが書かれた文書なのかや、高評価な内容が書かれた文書なのかどうかの判定にも応用できると思われます。
Microsoft Azure Cognitive Servicesを使用しています。
TextTransferで英訳してから、TextAnalyticsを使用して分析しています。

判定するテキストを入力してください。

1,000文字以内で入力してください。
テキストボックスへの入力が終わったら、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、下のボタンを押してください。


下のエリアに解析結果が表示されます。
解析結果
texttran:449483
textanalysis:0